ホーム > ものづくりプログラム > ものづくり講習会 > ものづくり講習会 (2017年度)

ものづくり講習会 (2017年度)

ものづくりに関する様々な実習・講習会が受講可能です。本LGSプログラム生には受講費用がサポートされますので、奮ってお申し込みください。受講前までに所属部局で開催される安全講習を受講してください。

電子回路系実習

実装技術実習

電子機器を自作する際、ハンダ付け作業は必須の技能です。多くの学生は見よう見まねでハンダ付けをしていますが、その信頼性に疑問が残る場面も散見されます。最低限の信頼性が期待できるハンダ付け能力の目安として、国家技能検定の「3級技能士(電子機器組立)」があります。本実習は、この資格に合格可能な知識と技能を伝授する事を目的とします。
  • 講師:児島康介 氏, 丸山益史 氏, 山﨑高幸 氏 (全学技術センター 計測・制御技術系)
  • 日程:2017年5月31日(水), 6月1日(木)
  • 場所:宇宙地球環境研究所 研究共同館I 209号室/工作室
  • 申込締切:2017年5月25日(木) 17:00
実習の詳細・申込方法は こちらをご覧下さい。

プリント基板加工機実習

電子機器製作一般において強く求められるプリント基板を製作する能力は、プリント基板加工機を自在に使えることにより大変磨かれます。プリント基板加工機は、基板上に自由な配線パターンを作ることができ、小規模な回路の試作や表面実装型ICを用いた回路基板を簡単に作ることができます。本実習では、パターン図の作り方、プリント基板加工機の操作方法を習得し、自作のオペアンプ回路基板を製作します。
  • 講師:川端哲也 氏, 藤森隆彰 氏, 足立 匠 氏 (全学技術センター 計測・制御技術系)
  • 日程:2017年6月13日(火), 14日(水)-16日(金)から希望する1日(計2日間)
  • 場所:宇宙地球環境研究所 研究共同館I 209号室, 101号室 (工作室)
  • 申込締切:2017年6月6日(火) 17:00
実習の詳細・申込方法は こちらをご覧下さい。

電子回路製作実習

本実習では、電子楽器「テルミン」の製作を題材とし、アナログ回路の設計と実装を通じて、電子回路の基礎的な知識を習得します。回路設計では、電子回路CAD(OrCAD 16.6)の使用法を学び、作図とシミュレータを用いた動作検証による効率的な回路設計を習得します。回路実装では、電気に関する安全やハンダ付けの技術を習得します。希望者には、回路基板のパターン設計についても言及します。本実習を通じて学ぶ電子回路の基礎的な知識は、実験装置や測定機器の製作・修理にはもちろんのこと、正しく安全に使用するためにも大変有用です。
  • 講師:伊藤和也 氏, 岡田宏太 氏 (全学技術センター 電子情報技術室)
  • 日程:2017年7月4日(火), 5日(水), 11日(火) (3日間とも13:30-16:30)
  • 場所:理学部E館 E-B122室(予定)
  • 申込締切:2017年6月23日(金) 17:00
実習の詳細・申込方法は こちらをご覧下さい。

FPGAトレーニングコース

FPGA回路開発に不可欠な開発ツールの使い方を、実際にFPGAを使いながら習得することを目的とした、実習形式の未経験者向けセミナーです。セミナー終了後に独学で開発を進められるようになることを目指します。なお、本セミナーはOpen-Itと連携して開催します。
  • 講師:内田智久 氏 (KEK), 伊藤和也 氏 (全学技術センター 電子情報技術室)
  • 日程:2017年8月8日(火), 9日(水)
  • 場所:理学部C館 C517室 (C5講義室)
  • 申込締切:2017年7月28日(金) 17:00
トレーニングコースの詳細・申込方法は こちらをご覧下さい。

ASICトレーニングコース

講義においてアナログ回路設計, 半導体プロセスなどの知識に馴染み、計算機実習を通じてASIC開発に必要となる基礎知識と開発ツールの使用法の習得を目指す、初心者向けセミナーです。なお、本セミナーはOpen-Itと連携して開催します。
  • 講師:島崎昇一 氏, 田内一弥 氏, 田中真伸 氏, 藤田陽一 氏 (KEK), 伊藤和也 氏 (全学技術センター 電子情報技術室)
  • 日程:2017年9月5日(火)-7日(木)
  • 場所:理学部C館 C517室 (C5講義室)
  • 申込締切:2017年8月25日(金) 17:00
トレーニングコースの詳細・申込方法は こちらをご覧下さい

機械工作・メカトロニクス系実習

ものづくり実践講座

精密工学会東海支部, 日本機械学会東海支部との共催で、講義と実習から成る一日講習会を開催します。少人数の受講生を対象とし、精密なものづくりに関わる第一線の講師陣に基礎的・実用的な内容を判り易くご講義頂き、さらにそれに即した実習・実演を組み合わせることによってより深い理解と習得を目指します。

申込み後に受講キャンセルが発生した場合は、受講料(25,000円)は本プログラムから支援されず、所属研究室に負担して頂きます。申込みの際には、自身のスケジュールを良く確認し、指導教員に了解を得た上で申し込んでください。
  1. 振動切削
    • 講師:社本英二 氏, 鈴木教和 氏
    • 日時:2017年9月11日(月) 9:30-17:30
    • 場所:工学部2号館2階 222講義室
    • 申込締切:2017年8月28日(月)
  2. 自動化技術
    • 講師:社本英二 氏, 鈴木教和 氏
    • 日時:2017年9月12日(火) 9:30-18:00
    • 場所:工学部2号館2階 222講義室
    • 申込締切:2017年8月28日(月)
  3. 表面近傍の可視化が拓く炭素系硬質薄膜トライボロジー特性の評価
    • 講師:梅原徳次 氏, 野老山貴行 氏, 村島基之 氏
    • 日時:2017年9月26日(火) 9:00-17:00
    • 場所:ベンチャービジネスラボラトリー4F
    • 申込締切:2017年9月8日(金)
講習会の詳細・申込方法については こちらをご覧ください。

▲ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る