ホーム > リーダー養成セミナー > 5. セルフディベロップメント > 心の壁を突破する(Breaking the wall)

心の壁を突破する(Breaking the wall)

人間には意識されない心の壁があり、多くの場合、その心の壁がチャレンジと進歩を阻害している。本講義ではRubyの開発とオープンソースコミュニティ運営などで遭遇したいくつかの経験をきっかけとして直面した心の壁とその対処法について考える。

※Rubyについて
Rubyは、まつもとゆきひろ氏が1993年より開発している日本発のオブジェクト指向スクリプト言語。Smalltalkのような本格的なオブ ジェクト指向機能と、Perlのようなスクリプト言語としての手軽さを併せ持ち、国内はもとより、海外でも高い評価を得ている。近年では、David Heinemeier Hansson氏によって開発され、2004年に発表されたWebアプリケーションフレームワークである「Ruby on Rails」の流行に伴い、Webアプリケーションの分野で特に広く利用されており、今後、より幅広い分野に普及して行くことが期待されている。

■受賞暦
1997年11月「オンラインソフトウェア大賞97」入賞
2001年度 「大川出版賞」受賞
2005年8月 日本OSS(Open Source Software)貢献者賞
2007年3月 日経BP技術賞の大賞を受賞
2007年9月 情報化月間「情報化促進分門」経済産業大臣表彰受賞
2007年9月 「日経地域情報化大賞2007」の「大賞」と「インターネット協会賞」をW受賞
2008年2月 「平成19年度地域づくり総務大臣表彰」を受賞
2008年5月 「第16回中国地域ニュービジネス優秀賞」を受賞
2009年7月「第3回ものづくり日本大賞経済産業大臣賞」を受賞
2009年9月 松江市名誉市民
2009年10月「第8回日本イノベーター大賞」の大賞を受賞
2010年4月 「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2010」に選出
2010年12月 科学技術の振興・普及において顕著な貢献をした「ナイスステップな 研究者」に選定
2012年3月 「2011 Free Software Awards」を受賞
2012年9月 国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から「「世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト」に選出
2013年9月 「FIT2013船井業績賞」を受賞

■著書
1.『オブジェクト指向スクリプト言語Ruby』 まつもとゆきひろ/石塚圭樹共著 アスキー(1999年11月
2.『Ruby デスクトップリファレンス』 オライリー・ジャパン(2000年11月)
3.『ソフトウェアの匠 プログラミング言語からソフトウェア特許まで日本の第一人者が技術の核心を解き明かす』まつもとゆきひろ/ほか共著 日経BP社(2004年10月)
4. 『ビューティフルコード』まつもとゆきひろ/ほか共著 アンディ・オラム(英語版)、グレッグ・ウィルソン(英語版)編、久野禎子・久野靖訳、オライリー・ジャパン(2008年4月)
5.『プログラミング言語 Ruby』まつもとゆきひろ、卜部昌平監訳、長尾高弘訳、デヴィッド・フラナガン(英語版)、オライリー・ジャパン(2009年1月)
6.『まつもとゆきひろ コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法』 日経BP社(2009年5月)
7.『言語設計者たちが考えること』 フェデリコ・ビアンクッチ(英語版)・シェイン・ウォーデン(英語版)編、村上雅章・佐藤嘉一・伊藤真浩・頃末和義・鈴木幸敏訳、オライリー・ジャパン(2010年9月)- まつもとゆきひろ氏のインタビューを追加収録。
8.『まつもとゆきひろ コードの未来』日経BP社(2012年5月)
9. 『言語のしくみ』日経BP社(2016年12月)



  1. 全て
  2. »2017年
  3. »2016年
  4. »2015年
  5. »2014年
  6. »2013年

▲ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る