ホーム > 活動報告 > 名古屋大学リーディング大学院プログラム合同シンポジウム開催

名古屋大学リーディング大学院プログラム合同シンポジウム開催

2014年12月3日に野依記念交流館において名古屋大学の6つのリーディングプログラムに所属する学生が企画したシンポジウムを開催しました。
今回シンポジウムのテーマとして「持続可能な開発」を選択しました。このテーマは、経済や環境、資源や衛生など様々な分野にまたがる、現代の社会において非常に重要な課題です。リーディング所属学生が目指す未来のリーダーには、自分自身の専門分野という枠組みだけでなく、各分野にまたがる多面的な知識や思考法が求められます。学生はこのテーマを議論するにあたって、6リーディングプログラムの混成チームを結成し、異なる専門分野、背景、考え方を持つ学生間での議論をすすめ、シンポジウムに臨みました。
シンポジウムにおいては基調講演として蟹江憲史氏(東京工業大学大学院社会理工学研究科准教授・国際連合大学サステイナビリティ高等研究所シニアリサーチフェロー)と高瀬千賀子氏(国連地域開発センター所長)をお招きし、世界の現状や、今後私たちに何が求められるのかを考えるための講演をしていただきました。
基調講演の後には、学生の事前議論の結果を発表し質疑応答を行いました。またその後は"What Can Young Leaders from Diverse Backgrounds Do to Achieve a Sustainable Development?"をテーマにパネルディスカッションを行いました。
シンポジウムには100名を超える参加者があり多くの方に好評となる内容でした。

▲ページの先頭へ戻る

ホームへ戻る